HammerspoonでKarabinerの替わりをさせる(その1)

すでにMacを使っている人の中では常識かもしれませんが、OS XがmacOSになってKarabinerが動かなくなりました。Karabiner-Elementsとして開発中でその後KarabinerもmacOSというか10.12に対応する(作業に取りかかる)という話があるのは知っているのですが、かといってそれにもたれかかるのもどうかなと思うので、別の道を探してみようと思う次第です。

まず、なんでKarabiner-Elementsではだめかというと、日本語入力時のキー配列として蜂蜜小梅配列というのをUSキーボード向けに改造した物を使っているためです。修飾キーの入れ替え程度ならKarabiner-Elementsでできるようですが、文字キーの同時押しを別のキーにアサインするようなことはまだできないようなので、Karabiner-Elementsではないものを導入する必要がありました。
また、いわゆる親指シフト(NICOLA配列)ならLacailleという選択肢もあるのですが、蜂蜜小梅配列だと文字キー同士の同時押しがあってLacailleでは定義できないのです。

そんなわけで探してみたところ見つかったのがKeyhacHammerspoonです。KeyhacはPythonで、HammerspoonはLuaで動作を定義するそうですが、どっちもほとんど使ってないのでこれからの学習コストはあんまり変わらないなと思います。そしてどちらかというとKeyhacの方が動作が安定していないというか、ちゃんと使えない時があるもよう。単にKeyhacのほうがユーザーが多いだけかもしれませんが。どうせなら安定動作が期待できるHammerspoonを使ってみようと思いました。

というわけで、Hammerspoonで蜂蜜小梅配列US改を使うためのスクリプトを作るための作業を書き留めていこうと思います。

まず今回は、入力モードがなにになってるかを知る方法を調べたので書いておきます。hs.keycodes.currentMethodで取得できました。返値がnilだと英語、”ひらがな(ATOK)”とか返ってくると日本語っていうか英語以外。 hs.keycodes.methodsだと入れてあるインプットメソッドが全部出てきます(返値はテーブル)。

長谷伸ハンマー コンビハンマー ゴム&プラ
長谷伸ハンマー
売り上げランキング: 2,286
Lemnos 15.0% アイスクリームスプーン No.01 vanilla JT11G-11
Lemnos (レムノス)
売り上げランキング: 2,231
カテゴリー: ありものソフト, OSX タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中