確定アンドゥと再変換

今時の日本語変換ソフト(IMEとかIMとか呼ばれてるアレ)には、確定したのを(確定した直後なら)「やっぱヤメ」にできる「確定アンドゥ(確定取り消し)」ってのがあるんですね。
ATOKだけなのかと思ったらMS-IMEにもGoogle日本語入力にもことえりにもあるそうなので、手が覚えると便利そうです。
WindowsだとCtrl+BackSpace、Macだとcontrol+deleteに割り振られていることが多いみたいですね。

以下余談なので読まなくても特に。

ちなみに確定アンドゥと再変換は別の機能でして、再変換というのは「範囲指定して再変換機能を使うと、その部分の読みを日本語変換ソフトが適当に推測して未確定状態に戻す」機能です。
確定した後にカーソルを動かしちゃったりするともう確定アンドゥが使えなくなるので再変換するしかないんですが、範囲指定が必要だったり読みが間違っていたりすることもあるので、できれば確定アンドゥで済ませたいところではあります。
再変換するならもう一度入力した方が早かったりしますしね。

ATOK 2013 for Mac (ベーシック) 通常版 DL版 [ダウンロード]
ジャストシステム (2013-06-28)
売り上げランキング: 405
カテゴリー: ありものソフト, OSX, Windows タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中