JAMMAコネクタのEagle用シンボルを作ったよ

たまには個人でもなんか作ろう〜と思って、ゲーム基板のコネクタのデファクトスタンダードであるJAMMAコネクタの回路図シンボルを作ってみました。Eagle Ver.6用です。

JAMMAコネクタはコネクタという名前は付いているものの、いわゆるカードエッジコネクタ(PCでいうところのPCIコネクタみたいな、基板の端を加工して端子にしたやつ)なので、基板をそのように加工すればコネクタになります。
筐体側はヒロセのCR7E-56DA-3.96EもしくはCR7E-56DB-3.96EかKELの1168-056-009というコネクタが使われるそうなので、データシート(pdf)をダウンロードしてながめつつシンボルを作りました。

部品面の回路図シンボル。ピンがないところは誤挿入防止キーです。

部品面の回路図シンボル。ピンがないところは誤挿入防止キーです。


基板を作ってテストどころか印刷して現物合わせもしてないので、使う際はご注意ください。
もう一つ、基板シンボルに注意点として描いてありますが、エッジコネクタは差し込みやすいように基板の端を斜めに削る(面取りする)んですが、CAD的に表現できなかったので端子の先端部分の面取りは描いてありません。(tDocuレイヤに線だけ引いてあります)

そんなわけで、よかったらどうぞ。
JAMMA_connector_for_eagle

EAGLEによるプリント基板製作の素
後閑 哲也
技術評論社
売り上げランキング: 230,502
カテゴリー: データ, CAD, EAGLE, Linux, OSX, Windows タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中