ArduinoのSerial.println()で送られる改行コード

ArduinoのSerial.println()で送られる改行コードをシリアル通信のターミナルソフトの16進表示モードで受信してみたら、0x0D,0x0Aが送られてきてました。俗に言うCR+LFですな。

シリアルターミナルはCoolTermっていうのを使いました。マルチプラットフォームみたい。ポートを変えれば複数開けて便利でした。

あとからArduinoのリファレンス見たらちゃんと書いてあるのね……。(自分でリンク張ったときにちゃんと読んだ)

カテゴリー: ありものソフト, 電子工作 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中